実家を売る時に「土地の測量」をするべき理由とは?

[`evernote` not found]

土地を売却するときは、
一般的に測量を行なって、
土地の面積を測り直します。

なぜ測量を行うのかは、
大きく2つの理由があります。

 

一つは
土地の面積を確定させる
ためです。

 

不動産登記情報や権利書には、
土地の面積が記載されていますが、
この面積が本当に正しいのかどうかを
確認するために測量を行います。

 

昔の測量技術に比べ、現在の測量は
精度が飛躍的にアップしているので、
より細かく測量し、
現在の実際の面積を測ります。

またそもそも測量図自体が
何らかの理由でないこともあるので、
売却を機に測量を行い、
測量図を作成します。

 

もう一つは、
お隣との境界の確認
のためです。

お隣との境界には、
一般的に境界を示す杭やプレートがあります。
(写真はプレートの一例です。)

9e47e9f620d4f41afe7f97ad2353b097_s.jpg

こうした目印があれば、
お隣どおし境界で揉めることはありませんが、

ブロック塀とか生垣とか、
昔からあるお隣との境にあるものがあっても、
明確に境界の位置が分からなかったり、

代々からお隣同士の人間関係から、
口約束のままになっている場合も
少なくありません。

 

そのため、土地を売却する時に、
買った人が後々境界のことで
トラブルにならないように、

売主の責任で
隣り合う土地との境界を明確にして、
最新の測量図つくって買主に渡すのが、
多くの土地取引で実施されています。

 

土地の広さは、
売買金額にも直結します。

 

売買契約時の面積(登記情報の面積)と
測量した後の面積が違うと、
契約時に事前に取り決めた単価で
売買代金の精算をするのが一般的です。

 

例えば、
「測量後の面積が、測量前と違うときは、
 1㎡あたり10万円で精算する」
として契約して、

測量した面積が3㎡広くなってくると、
売買金額が
10万円×3㎡=30万円
増えるといった具合です。

 

元々の土地の面積が小さければ、
それほど大きく金額が
変わるわけではありませんが、
これが何百㎡、何千㎡の規模になってくると、
かなり大きな金額の違いになります。

 

例えば境界の位置が、
1ミリ横にずれるだけで、
奥行きが10mの場合と100mの場合では、
面積が10倍違ってくることになり、
土地の金額も
その分変わってくることになる訳です。

 

地方で土地の単価が安ければ、
それほどの影響はないかもしれませんが、

これが坪100万とか200万といった
土地単価が高い都市部になると、
その1ミリの違いで、かなり大きく、
金額が変わってくることになります。

 

このように測量は
売買金額にも大きく影響する作業なので、
極めて重要なのですが、
実はその他にも重要な意味を持っています。

 

次回に続きます。