実家の権利は「司法書士」に明確にしてもらいましょう。

[`evernote` not found]

不動産を売ったり、買ったりすると、
必ず名義が変わりますが、
その名義変更の手続き(登記)の多くは、
「司法書士」が行います。

62047e98ddd45101bd3d42b47df2e1f4_s.jpg

 

司法書士の業務も幅広い分野がありますが、
実家の相続や空き家対策に絡む部分ですと、

名義変更に関わる各種登記手続きや、
高齢の親の財産管理・相続に関わる業務が
メインになるでしょう。

 

また近年、新しい財産の継承の形として
「家族信託」が広がってきていますが、
これも司法書士が中心となって
行なっている業務です。

 

 

実家の空き家対策を行うにあたっては、
「実家の所有者」は誰なのか?
ということが重要になってきます。

実家を売るにしても、貸すにしても、
所有者が明確でないと、
財産を勝手に処分したり、
利用したりする訳にもいかないので、
先に進むことはできません。

 

その所有する「権利」を
「明確にすること」と
「守ること」
のために、
司法書士へ依頼する大きな意味があります。

 

それこそ、
その権利が不明確だったり、
納得しないことで、
相続が「争族」になってしまっては、

実家が空き家になって
どうにかしたくても、どうにもならず、

空き家のまま放置され、
周囲に迷惑がかかる
「空き家問題」にも繋がりかねません。

 

また今は多くの場面で
本人確認が当たり前になってきましたが、
こと不動産の売買においては
金額も大きいので、
本人確認はもっとも重要であり、
それを担う司法書士の位置付けも重要です。

 

誰がどんな財産を持つ
権利があるのかを明確にして、
トラブルを回避するためにも、

相続時や生前の相続対策では、
税理士と合わせて司法書士へ
相談されることをオススメいたします。

 

司法書士は、税理士や不動産業者と
業務を連携していることが多いので、
そういった人から紹介してもらうと、
相続の手続きや相談も
スムースにいくケースが多いです。

 

また司法書士も税理士同様に、
行政の無料相談など行っていますが、
「法テラス」という
法律の相談窓口で、
各種相談にのっていただけます。

法テラス HP→http://www.houterasu.or.jp

 

相続や空き家に関わる
法律相談にも対応していただけるので、
司法書士に人脈がないようであれば、
こちらに相談してみると良いでしょう。