「2世帯住宅」を売るときのメリット・デメリット

[`evernote` not found]

2世帯住宅で親世帯が他界し、
空き家になってしまったとき、
考えられる活用の一つとして
「売る」という選択肢があります。

 

「売る」理由としては、
空いた世帯を利用する予定もなく、
子供達も戻ってこず、

夫婦二人では広すぎるので、
二人暮しでちょうどいい広さの
家に買い換える、

老後の生活を考えて、
利便性の良いマンションに引っ越す

などが、挙げられます。

 

2世帯住宅は、2世帯で住むだけあって、
比較的広い土地・建物
であることが多いです。

また都市部ですと、
土地の価格が高いので、
単独で購入するよりも、
親の家を建て替えて住むことも多く、

比較的利便性の良い場所
に2世帯住宅があることも
多く見受けられます。

 

したがって、
土地・建物の規模が大きい、
立地が良い、ということで、

売れれば
比較的「高額」での売却

が期待できるというのが、
2世帯住宅売却のメリットかと想います。

 

反面、2世帯住宅は、
間取りが広く、特殊なので、
一般受けはしづらい物件です。

初めてマイホームを購入する若い家族には、
広すぎてニーズは合いません。

 

またアパートやシェアハウス感覚で、
投資用として購入を検討される方も
いらっしゃいますが、

収益物件として建てたわけではないので、
買って賃貸に出しても、
期待する収益は取れないことも多いです。

 

したがって、
2世帯住宅を売る場合は、
購入を検討する人が
かなり限定されてきます。

1cd00dce3462efa01a2c1489df805930_s.jpg

 

ではどんな人が2世帯住宅を買うのか?

 

おおよそ、
次のようなニッチな購入層が考えられます。

・2世帯住宅を探している方。

 または建物を解体して
 新たに2世帯住宅を建てようとしている方。

 

・賃貸併用住宅を求めている方。

 1世帯は自分達が住み、他の世帯は貸して、
 少しでも賃貸収入を得ようとしている方。

 また、いずれ親を呼んで
 2世帯で住もうと考えていて、
 今は一時的に貸そうと思っている方。

 

・広い土地や建物を
 求めている方。

 事務所や店舗併用、倉庫など、
 広い面積が必要な用途で
 利用を考えている方。

 

 

2世帯住宅は、
このような限定された人が探していますので、
どちらかというと、

比較的売りづらい物件

ではあると、私は感じています。

 

2世帯住宅を「売る」にあたっては、
建売住宅のような
単世帯住宅を売却するより、
時間がかかることを前提として、

価格設定や販売戦略を
依頼する不動産業者と十分打ち合わせの上、
進められると良いかと想います。