「建て替えできない家」が、宝に変わります。

[`evernote` not found]

「建て替えできない家」
「実家レンタル」
に向いていることをお伝えしました。

030def4be2a7de875d5da0c0ef42751f_s.jpg

賃貸で借りる人は、
建て替えができようが、できまいが
関係ありません。

 

アパートや賃貸マンションは、
単身者をターゲットにした
ワンルームや1DKといった
狭い間取りが多いですが、

一戸建ての家であれば、
間取りも3LDKや4LDKなど
広いタイプなので、
ファミリー層のニーズにマッチします。

 

またこうした建て替えができない家は
都市部にも多いので、
利便性が良ければ、
賃貸物件としては良好な条件です。

 

不動産投資家はわざわざお金を出して、
建て替えできない家を買っています。

 

実家を相続したのであれば
購入する資金がかからないので、
投資金額もほぼなく、
不動産投資家と同じように
賃貸収入を得ることができるのです。

 

そして一戸建ての賃貸期間は、
ファミリー層がメインターゲットになるため、
比較的長期で借りてくれます。
(子供の転校を避けたり、
 転勤してからの業務期間の都合のため)

 

長期になればなるほど
賃貸収入は積み重なってくるので、
最後売るときには、相場の半値で売っても、
トータルの収入では
何もせずに売るよりも
当然多くなってきます。

 

今売却に困って、
安い物件をさらに安くして売るよりも、
実家レンタルで貸せば、
トータルの収入は多くなり、
空き家の維持管理の手間
もなくなるのです。

 

どうしても今、
まとまった金額が必要ということなら、
安くしても早く売ったほうが良いですが、

実家レンタルなら
ライフプランに沿って

計画的に
賃貸収入と売却資金を

コントロールできます。

これが
実家を賃貸活用する
大きなメリット
なのです。

 

「建て替えできない」と
悲観することはなく、

逆に実家が「宝」となるチャンスと捉えて、
実家の賃貸活用を
考えてみてはいかがでしょうか?