「困る」実家がもたらす、3つのロス

[`evernote` not found]

前回は、
実家が空き家になっていて
困っている人はどんな人なのか?
考えてみました。

 

↓こちらの記事です。
「空き家の実家を持っていて
「困っている人」はこんな人です。」
→ http://jikka-akiya.com/?p=1540

こうした空き家の実家に困っている人は、
早く問題解決のアクションを起こさないと、
「時間」「お金」「労力」
の三つをロスします。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s.jpg

 

【時間】
空き家の実家を持っていることで、
メンテナンスのために
実家に行くまでの移動時間や
身内などと話し合う時間をロスします。

【お金】
固定資産税やメンテナンス費用などの
直接的なお金と、
必要な労力に応じた手間代、作業代など
間接的なお金をロスします。

【労力】
身内や周囲の人との話し合いや調整など、
労力をロスします。

 

困った空き家の実家がなくなれば、
この三つのロスが無くなります。

そうすると、このロスの分を、
自身の生活を豊かにするため、
なりたい自分になるために
使うことができます。

 

一例として、
これらのロスをなくすことで
以下のような夢や希望が実現できます。

ロスしていた時間で、
 海外旅行にいける時間が
 生まれます。

ロスしていたお金で、
 車を買い換えることが
 できます。

ロスしていた労力で、
 新たな人との出会いを
 求めることができます。

 

実家が空いていることで困っているなら、
早々に解決することで、
こういった自分の夢や希望を叶えることが
できるのです。

 

まとめると、私が伝えたいことは、

空き家の実家を
持っていることで

困っているなら、

アクションを起こし、
問題を解決して、
人生の余計なロスをなくし、

人生を楽しく
豊かにしていきましょう!

ということです。

 

そして空き家が一つなくなれば、

空き家を問題にしている、
自治体関係者や周囲の人も、
一つ問題が解決する!

ということです。

 

自分の幸せのため、
周りの人の幸せのために、
空き家の実家は放置せず、
しっかり向き合って
活用・対策はしていきましょう。