古い実家を売るときの、売却金額の出し方の基本

[`evernote` not found]

昨日は空き家の実家に
年間かかる費用の事例を紹介しました。

【年45万円の出費!
 本当にヤバい実家の相続】
→ http://toyokeizai.net/articles/-/97476

※東洋経済ONLINE 2015年12月24日記事より

この記事で紹介されている空き家の実家に
年間にかかる費用は以下の通りです。

・固定資産税:3.5万円
・住民税(均等割のみ):0.5万円
・火災保険:2万円
・電気・水道代:4万円
・町内会費:1万円
・草刈り:3万円
・雪下ろし(年3回・排雪費用含む):18万円
・交通費(夫婦2人で年4回):13万円
 年間合計:45万円

 

この実家を売る場合の収支を考えてみます。

売却すると、
毎年のこれらの費用負担は、
全て無くなります。

年間45万円の負担がなくなるのは、
大きいですよね。

 

売却した場合の収支を考える上で
ポイントになるのは以下の3点です。

◉売れる金額がいくらなのか?

◉売るときにかかる費用は
 いくらなのか?

◉売ったあとにかかる税金は
 いくらなのか?

 

まず、売れる金額について考えてみます。

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s.jpg

この事例の場合、
おそらく築40年以上経っているような
かなり古い家と推測されますが、

こういった古い家を売るときには、
建物の価値はないと考え、
建物金額は0円と考えることが多いです。

 

そうすると、土地としての売却を
考えることになりますが、
こういった古い家が建っている土地は
単純に土地の相場金額での
売却にはなりません。

 

買った人がこの土地を利用するためには、
現在建っている建物は必要ありませんので、
「建物の解体費用」
を考える必要があります。

 

したがって、売却の仕方としては、

解体費用分を差し引いて、
 古い家が付いた土地
 として売却する。

②建物を解体してから、
 更地として売却する。

の選択になります。

解体費用がどのくらいになるのかは、
場所や状況によっても変わりますが、
床面積が約30坪(約100㎡)の広さなら、
150万円くらいは見込まれます。

※こちらの記事もご覧ください。

実家が空き家になる理由その⑧
〜「捨てる」「壊す」にかかるお金(費用)
→ http://jikka-akiya.com/?p=892

 

簡単にいうと、

普通に土地だけを売るよりも、
とても古い実家を売るときは、
解体費用相当分、
相場より安くなります。

ということです。

 

では、こういった古い実家を
売るときにかかる費用には、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

明日に続きます。