「本当にヤバイ実家の相続」を検証してみます。

[`evernote` not found]

今年も残すところ約3週間ですね。

年末を目前に、
以下の記事をネットで見かけましたので、
ご紹介しますね。

【年45万円の出費!
 本当にヤバい実家の相続】
〜年末の帰省で、親と話すべき3つのこと〜

→ http://toyokeizai.net/articles/-/97476

※東洋経済ONLINE
 2015年12月24日記事より

 

記事の内容は、
東京に住んでいる方が親を亡くし、
長男として、長野の実家を相続したお話です。

174ae9f36ad8ab5c0a0fad423d9452f0_s.jpg

想い入れもあり、
売らずに所有し続けているが、
所有しているだけで、以下のように、
毎年50万円近くかかるので、
このままでいいのだろうかと、
不安と葛藤の中、
過ごされているとの内容です。

 

◯固定資産税:3.5万円

住民税(均等割のみ):0.5万円

◯火災保険:2万円

◯電気・水道代:4万円

◯町内会費:1万円

◯草刈り:3万円

◯雪下ろし:18万円
(年3回・排雪費用含む)

◯交通費:13万円(夫婦2人で年4回)

年間合計:45万円

 

更地にすれば、
さらに固定資産税が6倍に上がることもあり、
簡単に実家を解体していいものかどうかも
考えるとのことです。

 

年間45万円。月に直すと月約4万円。
%LAST_NAME%さんなら、どうしますか?

 

内訳を見てみると、
「雪下ろし」といった地域的な要因が
大きくありますね。

また交通費も年4回と、
結構マメに帰省している方のようです。

 

この記事のまとめは、
帰省の際には以下の3点について、

「生前に家族で
 話すことに尽きる」

と締めています。

① 相続する財産は
 どのくらいあるか?

② 誰がどのように相続するのか?

③ 相続したあとの
 実家の処分はどうするか?

 

どれも大切な項目ですが、
そうはいっても、
話せず急に相続を受けることも
よくある話です。

 

そこで、次回以降
この記事に出ている年間費用について、
売った場合と貸した場合の、
収支を考えていきたいと思います。

 

このケースに限らず、
実家を売るか、貸すかの選択をする時の
判断材料になりますので、
自分ごととして、
お考えになってみてくださいね。