実家を「賃す」+「売る」で、心豊かなライフプランを実現してみませんか?

[`evernote` not found]

空き家の実家を持つ年齢について
考えてきましたが、

誰も住まない空き家を持つようになるのは、
50代から60代前半が
統計的にも多いことがわかりました。

所有し始めたこの頃に、
誰も住まない実家をそのままに放置せず、
何らかの活用をすれば、
後々「迷惑空き家」につながることもなく、
余計な費用負担や精神的負担を
回避することができます。

その活用をする「動機付け」として、
「自身のライフプラン」から、
実家の活用方法を考えることができます。

例えば、
50代前半であれば、
大学生の子供にかかる
教育費の負担があるでしょうし、

50代後半であれば、
年金支給時期を踏まえた、
定年後の収入を
考えなければならない時でしょう。

また旅行や趣味など、
セカンドライフを充実させるための
お金も必要ですし、

医療にかかるお金も
考えておかなければならないでしょう。

ただ空き家のままにしていて、
維持管理費や固定資産税などの
支出ばかりがあるよりは、
自身や家族のハッピーライフのために
実家を活用してみたらどうでしょう。

ライフプランニング(人生設計)は、
なりたい自分のライフスタイルを
イメージして、
何歳の時にいくらのお金が必要かを
考えていきます。

定期収入が必要な時もあれば、
まとまったお金が必要な時もありますので、
このお金をコントロールする
手段の一つとして、
実家を活用してみてはどうでしょうか?

定期収入は「賃貸」で、
まとまったお金は「売却」で
実現できます。

貸せないかも?、売れないかも?
を先に考えることもあるでしょうが、
それは手段の問題であり、まずは

「実家を活用して、
 豊かで充実した人生を
 送りたい!」

と想うことの方が先決です。

「お荷物から解放されたい」というのも、
実家活用の大きな動機ではありますが、
同じ活用をするなら
夢や希望がある動機の方が良いと
想いませんか?

f0f03440fdddf0a9d58a538ab41f2cbf_s.jpg

空き家の実家は、
「空き家問題」に象徴されるように
暗いイメージになりがちですが、

「心豊かなライフプランを実現させる」
ための親からのプレゼントだと思って、
ワクワクしながら活用できたら良いな!
と私は想っています。