実家をネコの住処にさせないためにすべきこと

[`evernote` not found]

実家を空き家のまま放置していると、
当然のことながら、草木が伸びます。

屋根や外壁のメンテナンスと
決定的に違うのは、

草木のメンテナンスは
一回では終わらない

ことです。

何もしなければ、何度除草しても、
何度も草木は生えてきます。

この草木の伸びが、
衛生上周囲へ悪影響を与えていることも
よく聞くお話ではないでしょうか?

4ded6e8c3a06dda95e2594c87ec60af7_s.jpg

具体的にはこんなことがよくあります。

①雑草が伸びる。

猫が集まる。

猫の住処になり、
糞・尿を一定の場所のするようになる。

臭いが漂い、周囲にも臭ってくる。

ハエや蚊の住処になる。

②伸びた草木に紛れ、ゴミを不法投棄される。

不法投棄が常態化してくる。

③浄化槽の破損、故障

汚物が処理されず、臭いが周囲に漂う。
ハエや蚊が集まってくる。

 

これらの例のように

「そのまま放置すれば著しく衛生上
 有害となるおそれのある状態」

の空き家も、強制撤去の対象になり得ます。

 

これらのメンテナンスの基本は、やはり
定期的な除草・点検
になります。

年に1〜2回でも、実家に帰省して
作業・点検すればいいのですが、

あまりに遠方であれば、
地元の空き家管理業者に依頼して
定期的除草・換気・点検・巡回など
行ってもらうのも良いでしょう。

これらの作業は、
決して難しいものではありませんが、
長期間やらなければ、
衛生上大きな問題に発展します。

特に猫など、動物が住み着くと、
なかなか離れなくなりますので、
臭いなどは
長期間周囲に影響を与えることになります。

単に「草むしり」と安易に考えず、
あとあと周囲に迷惑がかからないように、
適切に対策はしておいた方が良いでしょう。

 

◯関連記事
「空き家管理」を依頼するときの注意点
http://jikka-akiya.com/?p=1224